検温について

検温を実施する場合のセッティングイメージと注意事項

救護セット(7,500円(税別)/日)をご依頼いただくと装飾品も含まれています。(のぼり用のポール、台は含まれていません)イベント、各種撮影等の雰囲気や依頼主様のご意向によって自由にセッティングしていただけます。(看護師が装飾品をセッティングしますが、医療機器等の配置は看護師の判断となります)

■依頼主様にご準備いただく備品
・非接触型体温計(温度計)、マスク、手指消毒液、除菌液(アルコール消毒液、次亜塩素酸ナトリウム水溶液、次亜塩素酸等)、アルコール綿(推奨)
※フェイスシールドについては、各依頼主様によりご意向は様々です。
※非接触型体温計(温度計)は当センターでも準備可能です(3,000円(税別)/日)
【消毒・除菌方法】
消毒・除菌方法については「新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページ)」をご参照ください。

■依頼主様にご準備いただく用紙(推奨)
・体温測定票(検温後に体温を記録する用紙等)、体調及び濃厚接触、渡航等に関する誓約書(体調等の誓約書、確認書等)
【日本イベントナースセンターの書式】
以下の書式は日本イベントナースセンターが参考例として作成したものであり、各主催者・代理店主が自己の状況・責任においてご自由に加筆・修正していただいて構いませんが、当センターは一切の責任を負いません。[2020.06.27改訂]※携帯番号、会社名、前日・2週間の体温を記載させる等、各依頼主様により指針は様々です。当センターに看護師の派遣依頼を行わない個人、法人(非営利、営利問わず)の方でも、ご自由に以下の書式をご活用いただいても構いません。

体温測定票(PDF) 体温測定票(Excel)
体調及び濃厚接触、渡航等に関する誓約書(PDF) 体調及び濃厚接触、渡航等に関する誓約書(Word)

■イメージ資料(A4縦版、A4横版)※救護セット依頼の場合
・クライアント様提案時、各種資料挿入時、社内共有等にご利用ください。

救護セット依頼時の受付イメージ(A4【横版】PDF) 救護セット依頼時の受付イメージ(A4【縦版】PDF)

スタッフシール[検温済みの区別シール](推奨)

当センターでは、検温済みの区別シールとして「サーモパス」も準備可能です(3,500円(税別)/100枚)。2種類(赤色、黄色、青色)のシールにより、連日の撮影やイベント、検温を1日2回(朝・昼等)実施する場合でも一見して検温済みの区別をすることができます。撮影やイベントの場合は多数の出入りがあるため、スタッフシール(依頼主用意)やサーモパス(当センター仕様)の使用を推奨しています。また、シールの空いているスペースに体温測定票の通し番号や体温、名前等を記載している依頼主様もいらっしゃいます。

体温が高い、体調不良が疑われる場合

看護師は単に検温だけをするのではなく、検温しながら顔色を見たり、体調に関する声掛けなどを行います。万が一体温が高い場合や体調不良が疑われる時は再度の体温測定や医療機器等(パルスオキシメーター、血圧計等)を使用して各種数値の確認を行います。結果を当日の担当者名の方にお伝えさせていただきますが、その後の対応等については依頼主様の判断となりますのでご了承ください。(37.5℃程以下でも依頼主様の判断のもと、入場や参加をお断り(帰宅)したケースもあります)

その他注意事項

●非接触型体温計(温度計)による測定は、測定対象者の測定前の環境により測定ができない又は測定にエラーが生じる可能性があります。
●測定のエラー、測定前の出入口の通過等により指定体温を超えた方が入場し、新型コロナウイルス感染症等によるクラスター(患者間の関連が認められた集団)が発生した場合でも当社は一切の責任を負わないものとします。
●派遣依頼の終業時間より早く終わった(短縮)場合でも看護師への支払は変更(延長の場合は別途支払)されないため減額等はありません。
●救護室、体温測定場所が喫煙所の近くにあると、傷病者の応急手当等に影響が出る可能性がありますのでご配慮ください。